講座内機器(学内利用可)

生化学講座では下記の機器を所有しております。

学内の方で使用したい方は下記までご連絡ください。

kariyafmu.ac.jp/(苅谷慶喜) ※@は半角にしてください。

あるいは 内線2143 苅谷慶喜

1) Nanodrop 2000c (Thermo scientific社)(desknetsでの予約可)

DNA, RNA, タンパク質の濃度がわずか1 µlの量で測定できます。

キュベットによりUV-VISも可能です(大腸菌の増殖などのチェック)。

2) マイクロプレートリーダー(BioRad社, Model680)(desknetsでの予約可)

96穴プレートのサンプル解析に有用。

405, 450, 570, 595, 655 nmのフィルターが入っています。

3) サーマルサイクラー(PCR)(Takara社,PCR Thermal Cycler Dice® Touch)

グラジエント機能あり。

4) 高速冷却遠心機(HITACHI, CR22N)

500 mlなどの容量の大きいサンプルや, plate, 19,000rpmでの遠心ができます。

ローターは RPR20, R12AF, R5S4-0067, R14AF, R12A2, R12A4があります。

5) 蛍光プレートリーダーカメレオンV(桑和貿易)(desknetsでの予約可)

96穴や24穴プレート内の蛍光サンプルを測定できます。

フィルター(ex, em)は、(330, 400), (355, 460), (485, 535), (590, 616)があります。

6) Flowcytometer(FACS)(BD社, FACSCalibur)(desknetsでの予約可)

細胞を蛍光ラベルすることにより細胞表面受容体の発現レベルの確認や細胞死の判定などに使えます。

7) 高感度発光イメージングシステム(ATTO社, AE-9300H-CP)(desknetsでの予約可)

主にウェスタンブロットの化学発光検出にて使用しています。

8) 卓上超遠心器(Beckman社,OptimaMAX-XP)(desknetsでの予約可)

タンパク質や脂質ラフトの解析に使用できます。

ローターは TLA45, TLA-55, MLS-50, TLN-100 があります。

9) Gene Pulser (BioRad社)

遺伝子導入に使用できます。

10) FPLC (Pharmacia社)(desknetsでの予約可)

タンパク質の精製等に使用します。